韓国ツアーあれから3年

街の至る所にヤバイスポットがある!という話は諸先輩方から聞いていて、ずっと行きたかった韓国。インスタで繋がっていたJi hoonやLeeにも会いたかったし、アジアのBMXシーンを知りたい欲求が高まっていた。そして、2018年の夏に当時まだ高校生?くらいだったルナとライオ、旅の盛り上げ役としてTECHNICAL KICK OUTこと高尾アキラを連れて韓国へ向かった。 宿に到着すると近くにお手頃なバンクがあったので、僕のツアー経験値+スポット適応能力を若手に見せつけたい。そんな想いを込めて渾身のフルバニー。このあとバンク面でフロントタイアがスリップして手の甲を激しく地面に打ちつけた。恥ずかしかったから痩せ我慢してたけど、これはヒビいったなーって思うくらいの痛みだった記憶。 1スポット目で僕は乗れなくなったので、それからは撮影に徹することに。そもそもルナとライオを韓国に連れてきたのは、Celladoors.の撮影が目的だったし、ちょうどよかった?のかも。 想像している以上に韓国にはストリートスポットが多い。それも極上の、ユニークな形状をしたスポットが沢山ある。初っ端クラッシュしたり、スポットの誘惑が多くて、やたら時間かかったけどなんとか集合場所に到着。韓国のローカルライダー、先乗りしていたBGMのプッチーが出迎えてくれた。 2泊3日のショートトリップだったけど、ローカルライダーは沢山のスポットに連れて行ってくれて、日本から来た僕らを楽しませてくれた。高尾アキラは持ち前のコミュニケーション能力でみんなの笑いをとり、ルナとライオが韓国の若手ライダーと仲良くなっていく姿が微笑ましかった。一方でCelladoorsの撮影は、予想よりも撮り進めれていなかった。初めて訪れた国、ストリートスポットでの撮影。経験したことのない状況の中、若手2人は、思うように乗れない悔しさを口にしながら深夜まで撮影は続いた。こうしてCelladoors.KOREA編の映像を完成させたのだ。 あれから3年経って、彼らは身体的にも精神的にも成長したし、もちろんBMXスキルも。この時と比べるとストリートでも乗れるようになった。近頃は、各々が自分のやりたいことを自ら発信して突き進んでいる。この韓国ツアーでの初々しさを知っているだけに、その活躍を嬉しく感じています。また韓国行きたいな。もちろん高尾も連れて

Continue Reading韓国ツアーあれから3年

怪我する人しない人。ポジティブマインドが大事?

BMXライダーに限らず、怪我する人はするし、しない人はほとんどしないなって思います。ベテラン看護師さんいわく、入院レベルの怪我をする人って大抵3回は繰り返すらしい。 僕は完全に前者のタイプ、繰り返し怪我をしてきたし、骨折して手術&入院、復帰に一年以上かかることもありました。先日のキメラゲームでマサが足の甲を粉砕骨折。翌日病院に連れて行き、彼の車椅子を押しながら自分の怪我を振り返っていました。 2010年: スネの骨折った時 自分の経験からですけど、怪我する人って自分のスキルを過信しがちだと思います。慢心しているタイミングとでもいうのかな。僕の場合は乗れてる時期に怪我します。イマめちゃくちゃ乗れてるし、どこでも攻めれる慢心モードに入ってしまい、コケることとか、怪我のことを完全に忘れちゃってるんですよね。そんな時に移動中とか、撮影後のセッションとかでしょうもないことで怪我することが多いです。怪我しそうな周期とか、自分の怪我サイクルって把握してるつもりなんですけど、何度もやっちゃうんすよね。その瞬間ものすごく自己嫌悪になりますけど… 2010年: スネ骨折後のリハビリ期間 逆パターンの例を出すと、Stranger / primoのユウミって昔から怪我しないんですよね(長期的に乗れないよう怪我ね)。これイケるの!?みたいな危ないラインとかスポットを果敢に攻めていますし、それを近くで撮っていましたけど、失敗してもコケ方が上手いです。自分のBMXスキルと身体能力をしっかり把握しているんですよね、その上で無理していない感じ。 怪我すると大好きなBMXに乗れなくなるし、金かかるし、仕事できないし、いろんな人に迷惑かかるし、ほんといいことないんですけど、今になって経験としてよかったなって思うこともあります。 ・怪我した人の気持ちがわかる大怪我とかしたことない人には当然わかんないと思うんですけど、怪我した人って気丈に振る舞っているだけで、結構へこんでいます。とくに、長期的に乗れないレベルの怪我した時は、自己嫌悪になりがちです。なので、近くに怪我をした人がいたら、なるべく寄り添ってあげてください。 ・家族・友人への感謝の気持ちを再確認怪我したときに限りませんが、辛い時期、家族、友達の存在に救われます。そしてその度にありがたみを再確認😭普段から感謝しろって話なんですけど。話聞いてくれたりケアしてくれたり、いつもいつも本当にありがとう! ・BMX以外の新しい趣味が見つかるBMXライダーって、ほんとチャリしか乗ってませんみたいなパターンが多いと思います。BMXは少し休んで、新しい趣味に手を出してみるのも良いかも?僕の場合は、怪我の時期に漫画とアニメが好きになりましたね。今でもアニメはよく見るし。あと英語の勉強をスタートしたのも入院中からでした。 ・最強のポジティブマインドが手に入るいくら後悔しても時間は戻らないので、ポジティブになるしかない。長期入院中に「自分だけに与えられた特別な試練だと思え」と父から言われたんですけど、今思うとそれってめちゃくちゃポジティブマインド。今の環境をどうプラスに持っていくか考え方一つだと思います(怪我だけでなく)。怪我した時に最初に考えるのは、この程度の怪我でよかった〜ってことです。最悪、死んでたかもしれないし。 BMXって常に危険と隣り合わせなので、やる時はやっちゃいます。それはもうどうしようもないので、次に生かすしかないです。怪我の間にできること、怪我を治すためにやるべきこと、復帰してからやりたいことを考えるのが大事なのかもしれません。ちなみに、去年の今ごろは指の骨が折れていました... この投稿をInstagramで見る Daisuke Shiraishi(@daisuke_mb)がシェアした投稿

Continue Reading怪我する人しない人。ポジティブマインドが大事?

NIGHT PHOTO SESSION

2021.5.25 新宿でのフォトセッション。誰かひとりスイッチが入ると、それに刺激されて他の誰かも攻めはじめる。各自のマインドが見えた良きセッションでした。 ALL Photo by Hikaru Funyu  Tooth hanger / Masa X-UP PEDAL PICK / RYOTA MIYAJI UNLOCKED / Daisuke 奇跡の生還 / Gakuto

Continue ReadingNIGHT PHOTO SESSION

No more posts

No more pages to load