怪我する人しない人。ポジティブマインドが大事?

BMXライダーに限らず、怪我する人はするし、しない人はほとんどしないなって思います。ベテラン看護師さんいわく、入院レベルの怪我をする人って大抵3回は繰り返すらしい。 僕は完全に前者のタイプ、繰り返し怪我をしてきたし、骨折して手術&入院、復帰に一年以上かかることもありました。先日のキメラゲームでマサが足の甲を粉砕骨折。翌日病院に連れて行き、彼の車椅子を押しながら自分の怪我を振り返っていました。 2010年: スネの骨折った時 自分の経験からですけど、怪我する人って自分のスキルを過信しがちだと思います。慢心しているタイミングとでもいうのかな。僕の場合は乗れてる時期に怪我します。イマめちゃくちゃ乗れてるし、どこでも攻めれる慢心モードに入ってしまい、コケることとか、怪我のことを完全に忘れちゃってるんですよね。そんな時に移動中とか、撮影後のセッションとかでしょうもないことで怪我することが多いです。怪我しそうな周期とか、自分の怪我サイクルって把握してるつもりなんですけど、何度もやっちゃうんすよね。その瞬間ものすごく自己嫌悪になりますけど… 2010年: スネ骨折後のリハビリ期間 逆パターンの例を出すと、Stranger / primoのユウミって昔から怪我しないんですよね(長期的に乗れないよう怪我ね)。これイケるの!?みたいな危ないラインとかスポットを果敢に攻めていますし、それを近くで撮っていましたけど、失敗してもコケ方が上手いです。自分のBMXスキルと身体能力をしっかり把握しているんですよね、その上で無理していない感じ。 怪我すると大好きなBMXに乗れなくなるし、金かかるし、仕事できないし、いろんな人に迷惑かかるし、ほんといいことないんですけど、今になって経験としてよかったなって思うこともあります。 ・怪我した人の気持ちがわかる大怪我とかしたことない人には当然わかんないと思うんですけど、怪我した人って気丈に振る舞っているだけで、結構へこんでいます。とくに、長期的に乗れないレベルの怪我した時は、自己嫌悪になりがちです。なので、近くに怪我をした人がいたら、なるべく寄り添ってあげてください。 ・家族・友人への感謝の気持ちを再確認怪我したときに限りませんが、辛い時期、家族、友達の存在に救われます。そしてその度にありがたみを再確認😭普段から感謝しろって話なんですけど。話聞いてくれたりケアしてくれたり、いつもいつも本当にありがとう! ・BMX以外の新しい趣味が見つかるBMXライダーって、ほんとチャリしか乗ってませんみたいなパターンが多いと思います。BMXは少し休んで、新しい趣味に手を出してみるのも良いかも?僕の場合は、怪我の時期に漫画とアニメが好きになりましたね。今でもアニメはよく見るし。あと英語の勉強をスタートしたのも入院中からでした。 ・最強のポジティブマインドが手に入るいくら後悔しても時間は戻らないので、ポジティブになるしかない。長期入院中に「自分だけに与えられた特別な試練だと思え」と父から言われたんですけど、今思うとそれってめちゃくちゃポジティブマインド。今の環境をどうプラスに持っていくか考え方一つだと思います(怪我だけでなく)。怪我した時に最初に考えるのは、この程度の怪我でよかった〜ってことです。最悪、死んでたかもしれないし。 BMXって常に危険と隣り合わせなので、やる時はやっちゃいます。それはもうどうしようもないので、次に生かすしかないです。怪我の間にできること、怪我を治すためにやるべきこと、復帰してからやりたいことを考えるのが大事なのかもしれません。ちなみに、去年の今ごろは指の骨が折れていました... この投稿をInstagramで見る Daisuke Shiraishi(@daisuke_mb)がシェアした投稿

Continue Reading怪我する人しない人。ポジティブマインドが大事?

NIGHT PHOTO SESSION

2021.5.25 新宿でのフォトセッション。誰かひとりスイッチが入ると、それに刺激されて他の誰かも攻めはじめる。各自のマインドが見えた良きセッションでした。 ALL Photo by Hikaru Funyu  Tooth hanger / Masa X-UP PEDAL PICK / RYOTA MIYAJI UNLOCKED / Daisuke 奇跡の生還 / Gakuto

Continue ReadingNIGHT PHOTO SESSION

メイク後の喜びを分かち合う瞬間|CROSSOVER

MOTO-BUNKA初のフルレングスタイトルCROSSOVERの編集も終盤に入り、最後の追い込み撮影と編集期間に入っています。ざっと過去5年分?海外ツアーの映像を含めて膨大なデータを全て見直しつつ編集を進めているのですが、そんな時に、キックアウトされて撮影を中断したとか、二回目のメイクの方がよかったやつだとか、現場のシチュエーションやその時起きた出来事を思い出すことも多々あります。撮影の時は、メイク後のギャラリーの盛り上がりもなるべく撮るようにしていて、喜びの表現方法も国によってすこし違っていたりするんですよね。そんなことを思いならが、EAST COASTセクションを編集している時に見つけたこの一コマに感動。 この映像は2017年のEAST COAST TOURで撮影した時のものなんですけど、右側のグレーのキャップを被っているのがフィラデルフィアのKnick Smith。じつは彼、2020年の夏に帰らぬ人に...。実際に彼に会ったのは、このツアーが最初で最後となってしまいましたが、あれから4年近く経って自分が撮った映像の中にKnickが。そしてそれは、友のメイクに歓喜し、真っ先にハグする瞬間でした。

Continue Readingメイク後の喜びを分かち合う瞬間|CROSSOVER

No more posts

No more pages to load