モト文化インターン生のご紹介| MB-STAFF

日本のBMXメディアであるMOTO-BUNKAは、今閲覧いただいている皆様を含めて、本当にたくさんの方々に支えられて運営されています。いつもありがとうございます。今現在、日本のみならず世界中に点在し活躍しているMOTO-BUNKA STAFF。彼・彼女たちを紹介する企画を始めてみました。第1弾は、モト文化インターン第一期生のルナをご紹介。簡単なインタビューもありますので是非↓ ◆簡単に自己紹介をお願いします。Runa豊福陽月(トヨフクハルナ)2000年10月5日生まれ20歳特技:左フック、右ミドル東京生まれ東京育ち渋谷区在住。BMX経験なし(バニホレベルは横にしたジャンプ) ◆前職はどんなことしていたの?高校卒業後テレビ制作をしていました。ADとして2年間社畜生活に限界が来てしまい昨年の12月退社しました。 ◆モト文化インターンを始めたきっかけだいすけくんのモト文化プロジェクトに興味を持ったからです!! ◆今後やりたいことモト文化TVという新しい企画をまさくんとやっています!ライダーの1日密着やスポット紹介など他にも沢山面白い企画はありますが、ライダーのまさくん、BMXに無知な私でBMXシーンを盛り上げていけたらなと思います!

Continue Readingモト文化インターン生のご紹介| MB-STAFF

モト文化ツアーレポート2019|BOSTON-NYツアーレポート⑥

BOSTON-NYツアーレポートのアーカイブはこちら NYに行ったことある人はご存知だと思いますが、物価がめちゃくちゃ高いです。ラーメンを食べに行くとチップ込みで2000円くらいしたかな。ツアーの時は、スーパーで買出しして家のキッチンで自炊することが多いです。 お昼はステイ先で食べて、午後から撮影へ。NYでは、Animalのマネージャー(現Fit bikeスタッフ)のJustinとAnimalの撮影も約束していたので、フィルマーのJustinとフォトグラファーのGregと一緒に動いていました。BOSTONでは90EAST用で撮ってもらって、空いた時間にMOTO-BUNKAの撮影をこなす。NYに移動すると次はAnimalの撮影が始まり、また空いた時間に...と休む間もなく動き続けるハードな旅。ツアー後半は各自の疲れもピークに達し、怪我するメンバーもチラホラ。自分も肘を捻ったのでテーピングで固定した右肘を氷を持った左手で支えながら撮影するという効率化を重視したフィルミングスタイルに。 BMXの映像には良い部分しか写りません。というかそういうものなんですけどもw。撮影の裏側にはいろんなストーリーやハプニングがあるわけで、BMXライダーは限られた時間の中で身を削りながら映像を残し続けています。この旅で残した映像は、Animalの最新DVD"WIDDIT"に入っていますので、最寄りのBMXショップでゲットしてチェックしてみてください。 次回はNYのローカルについて -D-

Continue Readingモト文化ツアーレポート2019|BOSTON-NYツアーレポート⑥

知ったフリしろ「MOTO文化辞典」アールって日本だけ?

パークはもちろん、ストリートで乗っていても「アール」というワードをよく耳にします。曲線を描いている物体を見つけては「アールだ!」と言ってみたり。ちなみにこれはBMXライダーに限らずスケーターでも同じらしい。 そもそもアールってなんだって話なんですけど、ジャンプランプやクウォーターランプで言いますと、曲線を描いてる箇所を差します。 ストリートでも曲線を描いている物体をアールと呼んでいます。大きさに関わらず、歪な形でも曲線を描いているものはアールスポットとして認定されます。 じゃあこれも曲線を描いているからアールなの?となるかもしれませんが、こちらはカーブウォールスポットと呼ばれています。(なんか複雑になってきた)つまり、曲線を描いている(Rになってる)物体でもその使用目的によって呼び方は変わってくるようです。ジャンプしたりエアターンすることを目的とし、曲線を描いている物体に対しては「アール」あるいは「アールスポット」となるわけです。※カーブウォールの場合は、曲面が横方向のためウォールライドを目的とするそしてその語源は、工業用語として曲線はRで表記しますし、数学でも半径を表すから親しみがあったのでしょう。 そして重要なのは、ここで言う「アール」と言う言葉は、海外では全く通じないということ。英語圏では、Quarter pipe(クウォーターパイプ)になります。パークではクウォーターと言うワードに親みはあると思いますが、ストリートのアールスポットも全てクウォーターパイプになります。Rの大小や形にかかわらずです。 その名の通り、パイプ(円)を4等分した形ということです。簡単に説明するつもりが、いろんな疑問が出てきてしまい長くなってしまいました。先日から沢山のご質問が来ておりますので、順次お答えしていきます。

Continue Reading知ったフリしろ「MOTO文化辞典」アールって日本だけ?

No more posts

No more pages to load