学校をBMXパークに変える。あれから9ヶ月がたち…

モト文化放送第10回「学校をBMXパークに変える。冨永勇太の夢の実現に向けて」を聴いていただいた方、それから半年後の経過インタビュー記事、オープニングイベントの映像を見て頂いた方はすでにご存知だと思いますが、現在鳥取県に住むBMXライダー 冨永勇太は廃校をBMXパークに変えるプロジェクトを進めていました。あの廃校は立派なBMX PARKと姿を変えて、ライダー達の遊び場として利用されています。構想から実現に至るまでの冨永勇太のインタビュー動画を公開。ぜひご覧ください。

Continue Reading 学校をBMXパークに変える。あれから9ヶ月がたち…

「Today I Got Time」制作者インタビュー|Seth Ethier

[ENGLISH TEXT HERE]東海岸はボストンを代表する90EASTのメンバーの一人でもある「Seth Ethier」。初めて彼に会ったのは、2017年のイーストコーストツアーの時。そのときは、たまたま彼もボストンからフィラデルフィアに遊びに来ていて、カーゴパンツのすべてのポケットにビールを突っ込んでBMXを漕いでいる姿が印象的でした。セスも旅をするのが大好きで、2018年のヨーロッパツアーの時にペギーとセスがたまたまイギリスで遭遇したり、日本にも遊びにきてくれたり、毎年世界のどこかで会っている仲なのです。そんな彼が旅の記録としてDVD「Today I Got Time」をリリース。その背景についてインタビューしてみました。 Q.1 今までは90EASTのビデオに出ることがほとんどだったと思うけど、自身のビデオプロジェクトを始めるにあたって思うことは?90EASTとつるむようになる前に、友達と何個かビデオを作ったことはあるんだ。昔のビデオは今回のDVDのボーナスとして収録されているよ。PV1のDVDは5枚しか作ってない(笑)。結局PV2は自分のパソコンの中に眠ってて、PV3(Nattys before noon)はYouTubeで見れるよ。2か3の後から90EASTと動くようになってカメラの使い方とか色々経験し他のもあって、自分のスタイルでビデオ作りに挑戦したいと思うようになったかな。カメラを使うのには慣れていたし、撮ることによって色々なところに行くキッカケにもなったしね。 Q.2 実際にこのビデオを作り始めたきっかけは?2017年にボストンでStephen Kleinに初めて会ったんだ。その年の9月、フィラデルフィアに向かう途中、週末にそいつの家に泊まったんだ...そのツアーっていうのはDとペギーに始めた会った時と同じツアーなんだけどね。2018年3月に遡るけど、Zeeekyと一緒ににニューヨークにツアーして、このビデオの撮影を始めたんだ。数週間いたからめちゃくちゃ仲良くなったよ。帰って2週間後に足首を骨折しちゃったんだけど、撮影には影響なかったかな。Stephenもその2ヶ月後に鎖骨を骨折してね、しかもボストンに来る予定の直前に。まぁ結局それもこのビデオの撮影にはそんなに影響なかったけどね。結構ひどいスタートだったけど、まぁなんとかなったね(笑)。 Q.3 このビデオ「Today I Got Time」のコンセプトは?このビデオに出ている全員はちゃんとフルタイムジョブをしている奴らで時間がある時に会って乗りに行く感じなんだ。このビデオを見ている人が、おれらと一緒の日を過ごして乗ったりチルして、撮影した時に一緒にいたかのように感じれるビデオにしたかったんだ。ちょっと意味が違うかもしれないけど、3年間のVlogのような感覚かな。どのセッションも同じような感じなんだよね。友達と会って、乗りたきゃ乗るし、乗りたくなきゃ乗らない。ビール飲んでどうでもいいような会話して、たまにウィード吸ったり。みんなが腹減ってれば飯食いに行くし、そんでまた乗って、最後はチルしてビール飲んで、一気したり、くだらない冗談言って、ウィード吸って、盛り上がった日はバーに行ったりもね(笑)お酒が飲めなくても関係なく、それでも一緒にパーティするんだ。Jake Frostがそれを教えてくれたよ。飲まないけどパーティに参加してる人を見るのは結構楽しいよ。4.何か言い残すことがあれば日本に行った時、12日間も家に泊めてくれたD、ペギーも一緒にいてくれてありがとう。お前達なしではあのツアーはしてなかったよ。他にも日本で一緒に遊んでくれた人達に最高だったってお礼を言いたいよ。Linoと90EASTがなかったらこのビデオは存在してなかったかな。実際にDVDを作る時に手伝ってくれたSkapegoateにも感謝してるよ。 「Today I Got Time」はRODI CONNECTで発売中。 interviewer: Daisuke Shiraishi

Continue Reading 「Today I Got Time」制作者インタビュー|Seth Ethier

本日20:00公開 「RYOTA MIYAJI 2020」

本日 20:00にRYOTA MIYAJIの最新映像を公開します。MOTO-BUNKAのYouTubeでプレミア公開しますので、視聴者同士でチャットをしながら鑑賞できます。是非ご参加ください。 事前にMOTO-BUNKAのYouTubeチャンネルに登録いただくと、通知が届きます。https://youtube.com/c/MOTOBUNKA

Continue Reading 本日20:00公開 「RYOTA MIYAJI 2020」

MOTO-BUNKA PARTY @kusudama

Webサイトの立ち上げから雑誌の創刊など、2020年から本格的にBMXメディアとして動き始めたMOTO-BUNKA。ローンチイベントとして初のモト文化パーティを開催させて頂き、BMXライダーはもちろん、DJやスケーター、グラフィティライターなど異文化交流を深める良きイベントとなりました。ご来場、ご協力頂いたみなさま本当にありがとうございました。当日の様子を映像にまとめましたので、是非ご覧ください。会場 : KUSUDAMA 東京都新宿区高田馬場1丁目27−2 イチカワビル 2F

Continue Reading MOTO-BUNKA PARTY @kusudama

YouTubeプレミア公開「RYOTA MIYAJI 2020」

来る2020年1月1日 20:00にRYOTA MIYAJIの最新映像を公開します。MOTO-BUNKAのYouTubeでプレミア公開しますので、視聴者同士でチャットをしながら鑑賞できます。是非ご参加ください。 事前にMOTO-BUNKAのYouTubeチャンネルに登録いただくと、通知が届きます。https://youtube.com/c/MOTOBUNKA

Continue Reading YouTubeプレミア公開「RYOTA MIYAJI 2020」

Club Manners by MANNERS KNOWS

Make sure to clean your ears out and listen closely! Club Mannersby MANNERS KNOWS 日本語版はコチラHow to choose a club- Be Careful of Dress CodesMany clubs have a dress code overseas.…

Continue Reading Club Manners by MANNERS KNOWS

耳かっぽじって聞いておけ、クラブマナー海外編

ENGLISH TEXTMANNERS KNOWS提供の「マナー企画」。art work by @keyb0w先日発売したMOTO文化通信Vol.2に掲載中の記事ですが、いつでもどこでも読めるようにして欲しい!(スマホで)と複数名の男性読者から熱烈オファーがありましたので、特別にWEB公開。 クラブでの振る舞いがどうしたらいいのかわからない。女の子に話しかけたいけど、何話したらいいのかわからないし、無視されたらどうしよう。男性諸君なら一度は抱くであろうこの悩み?MANNERS KNOWSの記事を読めば、少し気持ちが楽になるかも。 耳かっぽじって聞いておけ、クラブマナー海外編 ①クラブ選びのポイント ●ドレスコードに注意海外のクラブはドレスコードがある場合が多い。海外でパーティーに行くつもりならシンプルなパンツ(短パンは避けよう)と襟付きの服を一着は持参すべし。その際、サンダルも避けるべし。本気で勝負したいなら一足は綺麗なスニーカーを持参せよ。 ●口コミ人気とその土地のギャルの色をリサーチBMXのローカルにそれぞれ色があるように土地柄によってギャルズのカラーも違う。まずは現地でいわしてるホーミー達の武勇伝を聞いて現地ギャルズの特性をチェック!戦の準備を進めるべし。 ②英語ができない場合のコミュニケーション ●キャラで勝つか飲むか人柄で勝負せよまずハッキリ言っておこう。妙なクールさを出すな。気恥ずかしさからか、いてもたってもいられずスカし顔でポケットに手を突っ込んで寄りかかりながらタバコをふかしたりなんてハリウッドスターばりのカッコつけをかましてくれちゃったりする奴。「わかるぅ〜。いるよね〜。まじ氷点下〜」と今にも世の女性、いや、ギャルズの声が聞こえて来そうなくらいである。これが初心者にありがちな一番の失敗例だ。顔だけで勝負しようとするならジョニーデップかオダギリジョーくらいの顔面レベルに生まれ変わるところからスタートを切らなければお話が始まらない。という事を肝に銘じておけ。パンピーの私達が勝負するならキャラで勝負するか気恥ずかしいなら飲め!酔って大体に殻にこもった自分をさらけ出せ!恥ずかしい事なんてない。だってお互い人間だもの。笑顔で「yeah〜 yeah〜」とか言っとけ。目を見て相づちをうち続けろ。話が続かなくなったら相手の興味がありそうな写真でも探して「I like this」とか言っておけ。今こそ文明の力を使う時だ!金があるやつは気を利かせて酒でも奢ってやれ。下心は一旦懐にしまって愛を持って接すべし。 ③女の子と目があったらとりあえず… 笑顔。もしくは真顔で一言。 「you are beautiful.」 自信を持ってシンプルにいけ。心配するな。綺麗だ。と言われて嫌な気持ちになる人間はまずいない。もしそういうやつに当たったなら即やめるか逆境をサーフせよ。ただ勘違いするな。「you are beautiful.」はあくまでもギャルズの気を引く最初の一手に過ぎない。まず間髪入れず一杯奢ってキックオフすべし。 ④フェードアウトのタイミング 忍者の如く隠密行動すべし。 ギャルといい感じになって来たならゴールまではあと数ステップだ。次のステップはクラブからアウトだ。「この後どうする予定?もし無いなら飽きたからもう一軒行こうよ。」くらいはサラッと言えるように練習せよ。さらにこなれた感を出すなら近くのオススメの店を先にリサーチしておけば出来る男ポイントがアップする事間違いなしだ。なんなら「ここら辺知らないからもう一軒案内してよ。」ってのもありっちゃありだ。さぁ本題に戻ろう。アウトしよっか。となったら一緒に来た仲間の事は一旦忘れろ。ギャルを連れての帰り際のワサップ祭りは無意味だ。皆それぞれ楽しんでいる事を信じてその場の空気を壊さないように出来るだけ隠密にギャルとの時間を楽しみながらアウトせよ。 ⑤クラブのあとは? 本能の赴くままに突き進め。…

Continue Reading 耳かっぽじって聞いておけ、クラブマナー海外編

BMXパークがオープン!450JAMの映像を公開

以前より取材していた冨永勇太のドリームプロジェクト。夢のBMXパークがついにオープン!そのオープニングイベントとして450JAMも復活するとのことで、取材に行ってきました。4年ぶりに復活した450ジャムの映像を公開! Big Mountain Roomsは廃校を改装して作られたBMXパーク。その計画や完成までの道のりについてインタビューしていますので、下記も合わせてご覧ください。 Big Mountain Rooms 所在地: 鳥取県日野郡江府町大河原510(江府町米原分校) 過去の記事→学校をBMXパークに変える。あれから半年がたち…

Continue Reading BMXパークがオープン!450JAMの映像を公開

Who is the legend BMX rider Van Homan?

日本語版はコチラHe has been living in Japan since 2018 as a member of the Olympic Organizing Committee. With a long running career as a Professional BMX rider, Van is one of…

Continue Reading Who is the legend BMX rider Van Homan?

レジェンドBMXライダー バン・ホーマンって?

ENGLISH TEXT昨年からオリンピック組織委員のメンバーとして日本に住んでいるバン・ホーマン。長年、プロBMXライダーとして活躍し、世界中のBMXライダーに影響を与え続けてきたレジェンドライダーの1人。私自身もBMXを始めた時から彼の映像を見ていましたし、映像は見たことなくても名前は聞いたことあるよという人も多いのではないでしょうか。バン・ホーマンシグネイチャー、写真、映像、ハンマートリック、数えきれないほどの功績は、今もライダーたちの間で語り継がれています。そんなレジェンドライダーと毎週末いろんなとこに乗りに行って、同じノリで乗ったり遊んだりしているのも不思議な感じなんですけど、たまに聞く昔話の厚みが凄かったり、さすがプロだなと思う瞬間が多々あります。 バンのライディング歴は28年、カーブウォールライドが1つのトリックとして出来上がった瞬間の話や、バンホーマングラインドが生まれた時の話など、BMXの進化を感じる話はめちゃくちゃ面白いので、この辺は改めて記事にしようと思います。 ちなみにバンは、NORA CUPでベストストリートライダーを過去5回受賞し、レジェンド枠も受賞しているそうです。 NORA CUPはその年のベストBMXライダーを各カテゴリーごとに決める歴史あるイベント。ここにノミネートされるだけでも名誉なことなのに、スケールが凄過ぎる。。 実際にバンと一緒に乗るようになってから、改めて映像を見ると当時はプロライダーであり続けるために命懸けでBMXに乗っていたんだなと思います。今は日本のスポットでファンライドを楽しんでいる様子。 オリンピックスタッフとして来日し、東京での生活も2年目を迎えるバン・ホーマン。ライダーとして、サラリーマンとしての活動についてのインタビュー記事をMOTO文化通信Vol.2に掲載していますので、ぜひチェックしてみてください。 MOTO文化通信の取扱店様一覧はコチラ D

Continue Reading レジェンドBMXライダー バン・ホーマンって?

[MB INTERVIEWS] Painting and riding BMX

日本語版はコチラTim Kojima is a BMX rider who is also active as a painter. He painted the cover of the memorable MOTO-BUNKA Magazine Vol.1, also he had an interview in as…

Continue Reading [MB INTERVIEWS] Painting and riding BMX

No more posts

No more pages to load