[VIDEOS] CULTCREW/ RYOTA MIYAJI

年始にHIKKENで紹介させていただいた宮地 凌汰。今年2本目の映像は、本人の願いが叶ってCULTCREWのオフシャルアカウントより公開。すでに彼を賞賛するコメントが多数寄せられており、CULTCREWの日本人ライダーとして注目度が増す予感。そして今回、CULTCREWのオフィシャルアカウントで動画を公開するに至った経緯については、後日ポッドキャストで配信予定です。

Continue Reading [VIDEOS] CULTCREW/ RYOTA MIYAJI

[HIKKEN] SHINSEI20S From Okinawa

昨年、突としてSNSに現れたSHINSEI crew. 沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住の高校生5人で構成されたSHINSEIは、各々スタイルも違い、各人それを理解して突き詰めているかの様なスタイルとスキルの完璧な融合。 日本人離れしたレベルのトリックを連発するリクとハヤテ。SHINSEIの戦闘員とでも言えようか、純粋な強さを求め続けている彼らの貪欲さはそのおっとりした性格からは想像出来ない。 息をつく暇もなく、突然現れる高身長のバーネットはその体格を利用した特大ドロップやハンドレール、トリックもシンプルで個人的好み。 一見しても百聞してもお馬鹿キャラなコウガは速くて荒々しくて危なっかしいが、彼のそれは誰もが惹かれる不思議な魅力がある。 SHINSEIの頭、ヨシヒロにはイーストコーストの血が流れていて、その血に恥じないライディングはAnimal BikesのEdwin DelarosaやAgustin Gutierrezがチラチラ頭をよぎる。 触れれば火傷しそうな琉球ヤングガンズ5人の映像はドラゴンボールを観てるみたいで、13分と長いけど全く飽きないし、前回の映像とは一味も二味も違った煮え立つような彼らの成長は見逃せない!

Continue Reading [HIKKEN] SHINSEI20S From Okinawa

[INTERVIEWS] SHUHEI MAX AZUMA | Taraleba

先日シグネチャーフレーム「BUBBLE DANCE FRAME」を発表したMAXこと東修平。フレームプロモ映像が完成したとのことで、インタビューと同時公開。 Q.プロフィール氏名:東修平年齢:33歳出身地:徳島スポンサー:Taraleba, HHX Q.徳島ってどんな場所?徳島の夜はカオスだった思い出しかないけど…ただの田舎。昔はぼちぼちライダーが居た時期もあったけど今はほぼ居ないから何年も前から1人で乗ってる事が多いね(苦笑)乗るスポットもライダーも少ないけど自然豊かでゆっくり過ごせて良い場所です。 Q.ライディング歴は今年で何年目?多分17年 Q.シグネイチャーフレームの完成おめでとうございます。自分のフレームが完成した今の心境は?自分が妄想してデザインしたものが型になって嬉しい限りです。スペックからパイプ選定まで色々と悩んだけどサンプル乗り始めた時点で自分がイメージしてた通りの乗り味だったからめちゃくちゃテンション上がったね!Q.ジオメトリーのこだわりなど教えて<ジオメトリー>TOP TUBE LENGTH: 20.46" REAR: 13.25〜13.5"HEAD TUBE ANGLE: 75.3° SEAT TUBE ANGLE: 71°STAND OVER: 9"BB HEIGHT: 12"トップチューブは刻んだ長さになってます。もともと少し小さめのフレームに好んで乗る事が多かったからフレームを作るってなった時からトップは20.5より少し短くしようと決めてたんだ。そんでやっぱり無いものを作ろうって事で数字を刻んで20.46に。20.5より1ミリ程度短いかんじ。ホイールベースが少し小さくなるようヘッドは若干立たせて75.3°にしてフロントを押し込みやすいようにと、クイックに動けるようにしています。フレームの三角形が大きくなるようスタンドオーバーは9、ヘッドチューブは120mm。BBハイトは12、多分BMX初かな?BBハイトが高いぶん自分が高い位置でいるからバイクコントロールが楽にできる感じですね。トップ20.46、ヘッド75.3°、 BBハイト12なんで安定感を損なわないようにと、しっかり引き上げて飛べるようシートチューブはベーシックに71°、リアは短か過ぎない13.25〜13.5にしてるかんじです。何で20.5より短いかとか話してない事も沢山あるけど話しだすと長くなるので今回はこの辺で。まぁざっくりですがそんな感じであーだ、こーだ言うて出来上がったのBubble Dance Frameでございます。 Q.プロモ撮影の話を聞かせてそもそも逆側のペグをそんなに使う事無かったから2PEGにして気分的に楽になったかな。逆掛けの技もやらなくちゃみたいなのが無くなったし、チャリの見た目もスッキリしていい感じっすね。見どころは2PEGになったからペダルトリックをしてるってところぐらいかな。  あと地元のライダーやTaralebaメンバーにいつも撮影してもらったり、嫁がカメラの仕事してるから写真撮ってもらったり、周りの皆んなのおかげで映像なりいろんな事が出来てるから本当に感謝です。 今回はゆる~い曲で作ってるんで気が向いたらボーッと見てやってください。 photo by…

Continue Reading [INTERVIEWS] SHUHEI MAX AZUMA | Taraleba

No more posts

No more pages to load