ひとつのZINEから始まったブランド”CULT”

最近、BMX関連の本を収集するのにハマっています。本にはそこでしか知り得ない情報があったり、ふとした時(たいてい大掃除の時)に読み返せるメリットもありますよね。今回紹介したい本は、CULT設立時2010年からの5年間をまとめた記念ブック"THE FIRST FIVE YEARS"。写真で歴史を振り返るフォトブックなんですけど、少しテキストも入っていて、そこに衝撃の事実が。今から10年前、何の前触れもなくFIT BIKEから主力ライダーがごっそりと抜けて、彼らとFITのチームマネージャーであったロボがCULTという新たなBMXカンパニーを始めたのは有名な話。そしてなんと、CULTという名前や世界観は、Adam Royeの個人的なプロジェクトとして始まったものらしく、そもそもはzineとして存在していたらしい。そしてそのブランド名や世界観をBMXに落とし込んだのがCULT CREWの始まりだったそうな。Adam Roye本人もまさか自分で作ったzineがBMXカンパニーに変わるなど思ってもいなかったとか。 CULTCREW/ 01 from Cult Crew on Vimeo.

Continue Reading ひとつのZINEから始まったブランド”CULT”
  • Post category:RODI

DUB BMX 冬の新入荷!

イギリスはリバプールを代表するアパレルブランドのDUBから新入荷! RODIでご注文頂いた先着3名様にDUBの新作DVDをプレゼント!(非売品) 今回は冬に大活躍するプルオーバージャケットに加え、人気のあったレザーウォレットの再販、靴下、ヘッドバッジ、そしてなんと犬用の首輪が登場! 早い者勝ちです! RODI CONNECT DUB – CNS PULLOVER JACKETDUB – TAG HOODY まずは冬に大活躍するシンプルなプルオーバージャケットとフーディー。 ジャケットは3つのチャック付きポケットに防水防風と機能はバッチリ!ブラックオンブラックのシンプルな色合いで刺繍されたDUBのロゴが特徴。 フーディーはお馴染みの隠しポケットついたボディを使用!これがチャック付きで意外と便利。シンプルなDUBのタグデザインが胸にプリントされています。 DUB – BLAZERS SOCKSDUB – CROWN SOCKS 毎日履ける白と黒の2パターンのソックスも入荷。 DUB – CROWN LOGO WALLET…

Continue Reading DUB BMX 冬の新入荷!
  • Post category:RODI

KUSUDAMA FLEA MARKET VOL.2

記憶に新しいMOTO-BUNKAのローンチパーティの会場にもなったKUSUDAMAにて行われるフリーマーケットにRODI CONNECTも出店します。 フードやドリンク、ゆったりとDJが音を流していたりと、来るだけでも楽しめるフリーマーケットとなります! RODIはBMXブランドのアパレルやDVD、雑誌を並べるので、見てから購入したかった、サイズ感がわからなかった等、実際に商品を見てみたかった人はもちろん、他の出店先もレコードやタトゥーショップなど、ストリートカルチャーに馴染みがあるものばかりなので是非、遊びに来てみてください。 九州珠 -KUSUDAMA- FLEA MARKET VOL.2 フリーエントランス 日時:1月16・17日(2日間) 12:00~20:00 場所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目27−2 イチカワビル 2F

Continue Reading KUSUDAMA FLEA MARKET VOL.2
  • Post category:RODI

[HIKKEN VIDEO] MASAKAZU YANAKA | RODI CONNECT 2020

昨年に強烈なソロパートを出し、東京を代表するライダーに一気に浮上したMasa (Masakazu Yanaka)から早くも最新パートが公開! 今回は彼のスポンサーであるRODI CONNECTのソロパート。前回の狂犬のようなパートとは一味違い、街に対して広い視野をもって流れるように乗っている様子が印象的。 150S-TOWN(渋谷)を日々爆走し、酒に飢え、黒くて見にくい格好で怠そうにしている坊主のライダー、”まさ”にHIKKENです。 https://www.youtube.com/watch?v=qG9IapJGR_w&t=7s

Continue Reading [HIKKEN VIDEO] MASAKAZU YANAKA | RODI CONNECT 2020

RYUTARO HIGA – WELCOME | YELL BRAND

そのひょうきんな性格からは想像も出来ない程の、パンチのあるライディングやド級のハンマートリックを難なくこなしてしまう比嘉竜太郎。彼から直接の言葉を頂き、チームライダーとして迎え入れることが出来ました。彼のライディングは映像では伝えきれない事も多いですが、実際に目の当たりにすると心奪われてしまう人も多いのではないでしょうか。YELL BRANDでの彼のファーストエディット、”WELCOME”。要チェックです。

Continue Reading RYUTARO HIGA – WELCOME | YELL BRAND
  • Post category:RODI

DOOMED WINTER Q4 新入荷!

BMXのアパレルブランドとしては今一番熱いと言っても過言ではないDOOMEDから、冬のアパレルラインが入荷! かなり充実した今回のラインナップは必見! どれもデザインはシンプルでありながらポイントが抑えられている着やすいものばかり。マフラーやフリースなどオシャレなアイテムにも注目です。 かなりの商品数が入荷しているので是非、RODIのサイトからチェックしてみてください。 RODI CONNECT

Continue Reading DOOMED WINTER Q4 新入荷!

YELL BRAND x BORED – M.F.B PEG PROMO 2020

2000年初頭、当時のBMXストリートシーンを牽引しているクルーがあった。皆黒尽くめのバイクに当時では珍しかったノーブレーキスタイル。ワークパンツや太めのデニムに無地Tスタイル。冬になるとフードを被り、一見話しかける事も出来ないような異様なオーラを放つクルー、BORED。ストリートでのライディングを好み、何よりもグラインドに飢えていた。夜な夜な街を徘徊し、グラインド出来るスポットを見つけては火花や大きな金属音出しながらグラインド。当時からバイクやパーツへのこだわりも強く、市販品に気にいる物が無ければ作っちまえと、作られた物は数多い。その中でも幻となったパーツがあった。それが今回発売する事になったBORED PEG。当時のサイジングを忠実に再現し、最新の技術を注ぎ込んで出来た”M.F.B PEG”。幾度となくサンプルを作り直し、テスト。ひたすらグラインドすると言ったライダー達にも過酷なテストの末、完成させる事ができた会心の出来。BOREDの名に恥じることの無い、ゴリゴリの映像をお楽しみあれ。

Continue Reading YELL BRAND x BORED – M.F.B PEG PROMO 2020
  • Post category:RODI

RODIからのクリスマスプレゼント

RODIからのクリスマスプレゼント🎁 本日、12月25日中のオーダーのみ 国内送料無料+全アパレル20% OFF🎄 決済画面でクーポンコード [santaconnect] をご使用ください🎅 RODI CONNECT - Merry Christmas from RODI 🎁 Only orders for Dec. 25th All softgoods are 20% OFF 🎄 Use coupon code  [santaconnect]…

Continue Reading RODIからのクリスマスプレゼント
  • Post category:RODI

THEZOOYK/DIRTYTALK 新入荷!

インドネシア発のブランド、THEZOOYK(ザ・ズー・ワイケー)とDIRTYTALK(ダーティートーク)から入荷です。 今回も期待を裏切らない低価格ながら、ハイクオリティでシンプルでイケてるラインナップ! まずはTHEZOOYKからマストアイテムとなるキーチェーン! THEZOOYK – Common Key Holder そして前回好評だったVX6パネルキャップがNEWカラーで再販! 定番のカレッジロゴを刺繍したシャレ乙なコーデュロイ素材の6パネルキャップも登場! THEZOOYK – VX 6-Panel CapsTHEZOOYK – College Corduroy 6-Panel Caps DIRTYTALKからは着心地抜群の後ろポッケ付きのスウェットパンツ! DIRTYTALK – Linka Sweatpants そして今回の目玉、キルティング生地を使用した高機能性ジャケット! 柔らかい生地を使用し、ゴワつかない着心地。 加えて、防水、防風、そしてキルティングによる保温性と100点のコーチジャケットとなります。 DIRTYTALKあっぱれです。 DIRTYTALK…

Continue Reading THEZOOYK/DIRTYTALK 新入荷!

知ったフリしろ「MOTO文化辞典」アールって日本だけ?

パークはもちろん、ストリートで乗っていても「アール」というワードをよく耳にします。曲線を描いている物体を見つけては「アールだ!」と言ってみたり。ちなみにこれはBMXライダーに限らずスケーターでも同じらしい。 そもそもアールってなんだって話なんですけど、ジャンプランプやクウォーターランプで言いますと、曲線を描いてる箇所を差します。 ストリートでも曲線を描いている物体をアールと呼んでいます。大きさに関わらず、歪な形でも曲線を描いているものはアールスポットとして認定されます。 じゃあこれも曲線を描いているからアールなの?となるかもしれませんが、こちらはカーブウォールスポットと呼ばれています。(なんか複雑になってきた)つまり、曲線を描いている(Rになってる)物体でもその使用目的によって呼び方は変わってくるようです。ジャンプしたりエアターンすることを目的とし、曲線を描いている物体に対しては「アール」あるいは「アールスポット」となるわけです。※カーブウォールの場合は、曲面が横方向のためウォールライドを目的とするそしてその語源は、工業用語として曲線はRで表記しますし、数学でも半径を表すから親しみがあったのでしょう。 そして重要なのは、ここで言う「アール」と言う言葉は、海外では全く通じないということ。英語圏では、Quarter pipe(クウォーターパイプ)になります。パークではクウォーターと言うワードに親みはあると思いますが、ストリートのアールスポットも全てクウォーターパイプになります。Rの大小や形にかかわらずです。 その名の通り、パイプ(円)を4等分した形ということです。簡単に説明するつもりが、いろんな疑問が出てきてしまい長くなってしまいました。先日から沢山のご質問が来ておりますので、順次お答えしていきます。

Continue Reading 知ったフリしろ「MOTO文化辞典」アールって日本だけ?

知った気になっているだけかも?|MOTO文化辞典

知った気になっているけど、実はよく分かっていないBMX用語ってあると思います。テーブルトップとインバートの違い、じゃあパンケーキってなんなの?みたいな最近話題のあれです。人によって認識が異なり複雑化したり、いまさら聞きにくい言葉もあったり(調べても英語だし)。さらに、日本語英語のBMX用語を普段から使っていると、共通の話題なのに海外ライダーとのコミュニケーションが取れない瞬間があったりします(これは体験済)。 ということで、気になるBMX用語募集中!いつも使ってるけど実はよく分かってないBMX用語とか語源が気になるもの、知りたいこと、なんでもあり。逆にこれってなんて技名ですか?と言う質問もアリです。MOTO文化ネットワークを駆使して調査します。(お答えできない場合もあるかもしれませんが) 最適な回答が見つかった場合は、motobunka.comにて順次公開していきます。そして最終的な目標は、MOTO文化辞典を作ることです📖BMX初心者の方からすると訳のわかない横文字ばかりが飛び交っていることでしょう。幅広い層のライダー達に役立つものになれば幸いです。次回は、MOTO文化辞典を作るきっかけになったワード「アール」をご紹介。アールって言葉は、海外で通じないこと知っていました?

Continue Reading 知った気になっているだけかも?|MOTO文化辞典

沖縄ツアーレポート①

出発の日を勘違いしてたみたいで、普通に仕事後に夜中までチャリ乗って帰宅したらボスから電話が、3時間後の飛行機に乗る予定だったらしく、次の日洗濯する予定だった服とか何でもかんでもカバンにぶち込んで車飛ばしてボス達をピックアップ。何とか午前6時の飛行機に搭乗。 冷や汗全開で沖縄ツアー幕開け。 修学旅行ぶりの沖縄。チャリ持って行くのは初めてで、何より好きなメンツとこの年齢になって行く沖縄は楽しそうでしかない! 空港出たら沖縄は想像の通り暖かくて、シーサーいっぱいいるし、米軍のなんとかってやつも飛んでるし建物の作りとか超沖縄って感じ! まずは普天間にあるローカルショップのRIDE HOTにお邪魔させてもらって、合間に近場のパークにも連れて行ってもらい、今話題のSHINSEIのリーダーyoshihiroにもそこで会えて。 ride hotへ戻ったら竜太郎さんも合流したんだけど、実は今回、みんなには内緒で行ってサプライズって話だったんで、店入った瞬間の竜太郎さんのあの顔は一生忘れられないね笑 サプライズも終了して、とりあえず夜は飲もうかって事で岡山からリョータ、名古屋からリューセイも合流してみんなで夜更けまで親睦会。 実に濃い40時間強を過ごして沖縄ツアー1日目終了。 2日目は昼過ぎに起きてみんなでハンバーガー屋でランチ。世間はハロウィンモードでコスプレした連中がウロつくなか、沖縄の地元ライダー達ともようやく合流。今回結構凄くって、東京から同じくRODIでチームライダーやってるライオと、富山からdaruma streetのosoとタニも合流してみんなでストリートへ。 極上のカーブウォールやらローカルスポットを堪能し、竜太郎さんのハンマーも生で見れて最高の日!だったんだけど、突拍子もなく竜太郎さんから、本人が諦めたっていう海辺の公園にある木製のキンクダウンレッジに連れて行かれ、何か変な意地が出てきた挑戦してみたらやっぱ無理で。。 JAM前日にして足の指グリったり全身擦りむいて乳首の横に木の破片が刺さったりとかでもう無理。笑 見守ってくれたみんなありがとうございました! 怪我のせいか知らないけど、酒飲んでも調子悪くって、みんな楽しそうな中気持ち悪いって帰って寝ちゃった2日目でした。笑 また気が向いたら続き書きます。合わせVlogもご覧ください⬇️ この投稿をInstagramで見る 150S-TOWN(@150stown)がシェアした投稿

Continue Reading 沖縄ツアーレポート①

No more posts

No more pages to load