動画の再生回数を伸ばせるメディアって何?①

動画の再生回数を伸ばせるメディアって何?①

数年前までは、YouTubeやインスタグラムの動画で再生回数が1万を超えるなんてことも珍しくなかったんですけど、最近はそもそもの動画の数があまりにも多いとかSNSの使い方が変わってきたことで、昔よりも再生数って伸びないよなあと感じてる人もいるかと思います。

僕もその1人で、気になって色々といくつかのメディアとかフォーマットを変えて動画を作って検証実験をしていました。その結果と推測でしかないのですが、手早く動画の再生回数を伸ばしたい(沢山の人に届けたい)のであればインスタグラムのリール機能を活用するのが良さそうです。

リール機能とは、ライブラリにある曲や編集ツールを使って、Instagram上で15秒の短尺動画を編集できる機能です。リールで動画を編集してアップロードすると、インスタグラムのリールに表示されると同時に通常のフィード面にも投稿されます。

ちなみにフォロワー数が多ければと再生数が増えるというわけでもなく、そこはあまり関係ないようです。インスタグラム上で再生数が伸びる時(いわゆるバスってる状態)は、自分の動画がインスタの”おすすめ”ページに表示されている時に起こります。つまり、フォロワーではない人たちにも自分の動画を視聴して貰える状態になっていることが重要なのです。そしてその人たちが視聴したり❤️を押したり何らかのリアクションをとってくれると表示される人の輪が広がっていく仕組みっぽいです(推測)

おすすめページ

メニューの🔍マークを押すとおすすめの投稿がランダムに表示されます。自分もたまに覗いているのですが、最近、自分自身のインスタ上の行動を振り返ると、インスタを開いてリール動画をよく見ていることに気がついて(とくに可愛い女のコ)。リール動画をよく見かけるということは、おすすめページに表示されやすいのだろうという推測のもと、自分のBMXの動画をリール機能で編集してアップしてみました。


上の画像で右のリール動画がひと月前に公開して再生回数8,000超え、左が昨日公開して4,000回近い再生回数に達していました。

こちらは通常の動画投稿を再生回数の多い順に並べたもの。それでいうと今年は4,000再生数を超えたものはなくて、平均2,500~3,000回あたり。
それと比較すると、リール動画の再生数は約倍近くになったのでバズりやすい可能性は高いです。

ではなぜリール動画の再生回数が増えやすいのかという話ですが、もちろん、動画の内容や編集、選曲なども影響すると思います。一方で、インスタグラム的事情で、新機能であるリール動画を優先的におすすめに表示させている可能性が高いと思います。(新機能をより多くの人に知ってもらい使ってもらうため)

こういう話をすると、動画作ってるけど再生回数なんて気にしないって人たまにいますけど、実際に自分の動画が何千、何万人が見てくれたと分かれば誰でも嬉しいと思います。そして何より、より多くの人にBMXの魅力を伝えることができるって素晴らしいことだと思います。

試しにライブラリにある自分のお気に入りの曲を使って、短尺動画を作ってみてもいいかも。

YouTubeについても色々共有したいんですけど、長くなるので次回!

D