岡山出身のBMXライダー 宮地凌汰がCULTサポートをゲット

岡山出身のBMXライダー 宮地凌汰がCULTサポートをゲット

  • Post category:NEWS
  • Post author:

ENGLISH HERE
岡山から名古屋、沖縄、東京と拠点を移しながらも、しっかりと爪痕(様々な)を残してきた宮地凌汰。そしてつい先日、モトクロスインターナショナルにライダーとして加入し、アメリカのBMXメーカー”CULT”のサポートをゲット。
先月、ポッドキャストでスポンサーについての話で盛り上がったばかりなので、タイミング的にもこれはホットなニュース!
というわけで、宮地凌汰にインタビューしてみました。

・名前、出身地と年齢を教えて
宮地凌汰、20歳。岡山県出身です。

・BMX歴はどのくらい?昔はパークのイメージがあったけど、ここ数年はストリートだよね。
BMX歴は13年になりますね。最初はBMXレースから入ったんですけど、それからトレイルとかパークとか乗るようになって、とにかく技を極めようとしていました。
中学くらいの時に冨永勇太君に出会って、BMX以外の遊び方を教えてもらって、夜の街に遊びに行くようになったんすよね。それがきっかけで自然とストリートで乗ることが増えたのかも。とにかくBMXに乗る時間を増やしたかったから高校も通信制に通って、高2の夏にサンディエゴに行ったんすよ。同じ岡山出身のタイがサンディエゴに住んでて、泊まらしてもらって毎日チャリ乗って。その時にギャレット・レイノルズとかチャド・カーリー、ゲーリー・ヤングとかに初めて会って、みんな基本パークは上手くて、ストリートで攻めるみたいな感じなんですよね。それを生で見た時にストリートライディングを極めようってスイッチ入りました。

・スポンサーがついた心境は?
BMX人生で初めてのBMXメーカーのサポートなので、とにかくやる気出てます!あと、CULTはブランドン・ビギンとかトレバーとか好きなライダーも所属しているチームだから、好きなブランドをサポートしてもらえて嬉しいですね。

・今後の動きは?
来年から東京に住みます。撮影環境とかもそうだし、同世代のライダーが多いから刺激が多いですね。コロナが落ち着いたら海外にも行きたいし。
あと、映像も出します!ほぼほぼ出来ているんですけど、年内公開は目指したいですね。せっかくチャンスもらったのでプロ入り目指して頑張ります。

・今狙っているスポンサーとかある?
JBLです(笑)

過去の映像はこちら

スポンサーについての話で盛り上がったポッドキャストはこちら
“過去の栄光にすがっている人はダサい” by HLG|MOTO文化放送
12分〜がおすすめです。

アンサー回がこちら
“上手いからサポートしろという考えが古い”|MOTO文化放送